ショッピングセンターとは

近年、ショッピングセンターの進出がめざましい。イオンモールやイトーヨーカ堂に代表されるようなショッピングセンターは主に、郊外に広大な敷地をもって運営されています。

客層は主にファミリーを狙っており、基本的な構成は、食品売り場、衣類、ゲームコーナー、フードコート書籍、雑貨屋等で、金額的にもあまり高額なものを扱ってる店は多くありません。

休日のショックセンターでの過ごし方は、夫婦で衣類や書籍をみたり、こどもはゲームコーナーで遊んだりおもちゃをみたいして、昼になるとフードコートや専門店で食事をします。

一段落したら、食品をかって帰ります。車で行く人は、駐車料金が、何円以上の買い物で何時間無料というのがあるのでついつい、時間ギリギリまでいる利用客も多いようです。

ショッピングセンターには、プライベートブランドを持っているところもおおい。ショッピングセンターで、買い物すること事態がお得に思えてしまうので「また来週も行こう」という心理をくすぐるのです。

消費者には、お得に買い物ができて、家族との時間も楽しくすごせる空間が提供され、ショッピングセンターには、多くの客にきてもらい、プライベートブランドの販売も促進できるという利点がそれぞれ存在します。

このようにショッピングセンターは、需要と供給のバランスが取れた施設といえるでしょう。

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

軽井沢・プリンスショッピングプラザ

軽井沢旅行は、慰安を目的とする人も居れば、ショッピングを目的とする人も居ます。そのどちらも満喫してもらうというコンセプトに軽井沢・プリンスショッピングプラザがあります。

こちらの施設は軽井沢有数の観光施設として有名で、以前から人気のスポットで軽井沢の観光プランに良く組み込まれます。昨今ショッピングセンターの需要が高くなっていることから、2014年7月2日、さらに規模を拡大してのリニューアルオープンが決まっています。

リニューアルオープン後には多くの観光客の利用が見込まれており、さらなる人気が期待されています。もちろん軽井沢住民にとっても、日常的なショッピングを楽しむことができる場所でもあります。

軽井沢・プリンスショッピングプラザには、さまざまな店舗が入っています。新エリアには54店舗が入ることになっているので、さらにその規模は壮大なものとなります。レストランも新しくなり、多種多様なメニューを楽しむことができます。

また緑豊かな自然に囲まれているところは、軽井沢ならではといった雰囲気を感じることができます。景色がキレイなので、都会での買い物とはまた違った感じがするかもしれません。そんなところもこのショッピングセンターの良いところです。